北近畿合同巡検 3日目 鳥取・大阪

5. 湯村温泉->鳥取

昨日湯村に着いた時点ですでに真っ暗だったため、朝8時過ぎから温泉街を散策した。

温泉街と言っても城崎のように川を中心に連なっているというわけではなく、荒湯と呼ばれる中心地の周囲に立地しているタイプだ。

湯村温泉は、荒湯という98度の源泉に玉子を沈め、温泉卵を作るのが有名なので、それをやろうかと思ったが、一番安いやつで玉子3個つだったので諦めた。そんな多くいらない。1つあれば十分だった。

荒湯を中心に温泉街を散策したので、車で浜坂に向かった。

日本海の荒波を感じることができた。

途中、浜坂港で水産物の販売店に立ち寄った。そこで生きた松葉ガニを買った。

ここからは鳥取方面に進む。景色が見たいのでもちろん旧道を走った。トンネルの前後に旧道がある部分も旧道を走った。

地図を見ると、居組と東浜の間に東浜居組道路というバイパスがある。この区間だけ飛び地でバイパスがあるのが謎だったが、迷わず旧道の七坂八峠に進んだ。

続きを読む

2020北近畿合同巡検 2日目 玄武洞・加悦に行く

4. 玄武洞

城崎温泉8:58発の豊岡行きの普通で出発した。1つ隣の玄武洞駅で降りた。

玄武洞駅はその名の通り柱状節理が見事な景勝地「玄武洞」の最寄り駅だ。少なくとも直線距離上は。

実際には玄武洞駅と玄武洞の間には大きな川が流れていて橋はない。玄武洞ミュージアムに電話すると、対岸の玄武洞から玄武洞駅に渡船が迎えに来てくれる。渡船に乗り玄武洞に向かった。

柱状節理。タモリさんがすきそうな景色である。4つの洞窟があり、それぞれ玄武洞 ・青竜洞・白虎洞・朱雀洞と名付けられている。ポプテピピックのテレビスペシャルかな???

青龍洞
玄武洞

玄武洞公園を一通り回った。解説板を見た。一度見た看板だった。「もう見た」とオタクは言った。やっぱりポプテピピックじゃないか!

続きを読む

2020北近畿合同巡検 1日目 天橋立・伊根・城崎温泉に行く

行くことになった経緯については、同行者のブログをご覧いただきたい。

はじめに

加悦SL広場、20年3月閉園検討 貴重な鉄道車両27両展示「引き取り手探したい」

天橋立周辺には今まで2度行っていた。行ったことは無かったが加悦SL広場の存在も知ってはいた。しかし、そのSL広場が閉まるかもしれないという情報が入ってきたのである。

行きたいなと思っていた矢先、Twitterで若さ氏が1月の三連休で行きたいということを言っていた。自分もいつか行こうとは思っていた。行くのは今しかなかった。しかし加悦には鉄道は通っていない。バスの本数も少ない。そこで私は若さ氏に私がレンタカー借りて、一緒に行かない?と提案した。お互いの意見が一致した。こうして私と若さ氏は1月の三連休に加悦に行くことになった。

普段単独行動ばかりするオタクが2人で行動するということは、1人NGな宿にも泊まれるということだ。さらに現地でレンタカーを使うということは人数が多いほどコストを削れる。そこで私は市川氏に若さ氏と一緒に加悦に行かないかと提案した。偶然にも同じ三連休に市川氏も加悦に行くことを計画していた。こうして若さ氏と市川氏と私の3人で1月の三連休で加悦に行くことにした。

加悦は京都府北部の街だ。平成の大合併により今は与謝野町になっている。京都市街地からは2時間ほどかかる。当然関東から京都までも時間もお金もかかる。

そこで私は、元々1月19日に開催されるこみトレに一般参加する予定だった変更可能な航空券を変更し、1月11日の羽田→伊丹、1月13日の伊丹→羽田に変更した。

1.  東京->福知山

続きを読む

オタク、初海外でオーストラリアに行く 3・4日目

前回の記事

完全に書くことを忘れていたオーストラリア旅行シリーズ(行ってから1年)。1・2日目はシドニーだったが、3日目はオーストラリア戦争博物館に行きたいという理由でキャンベラに。

問題なのはどうやってキャンベラまで行くかということ。

シドニーからキャンベラへの鉄道は一日4本。当初はそれでいこうかと考えた。しかし、キャンベラに行った後、どこに帰るかという問題にあたる。

そこで私はバンダヌーン(Bundanoon)という小さな田舎町に泊まることにした。

理由はシドニーではない田舎に泊まってみたかった、真っ暗なところで星が見たかった、撮り鉄をしたかった等総合的に絡み合った結果がである。

そのため、シドニーから列車で行くという案は却下され、レンタカーを模索し始めた。ここで問題になったのはどこでレンタカーを借りるか。そもそも実質初めての海外旅行でいきなり運転なんてできるのかということだ。

まずシドニーからレンタカーという案は早々に却下。シドニーの都会の道は歩行者や交通量も多く、わからない人間が走るのは危険という理由と、もう一つは単純にシドニーからキャンベラは遠い。

そこで考え出したのは、シドニーから電車(South Coast Line)に乗りウロンゴン(Wollongong)駅に行き、ウロンゴン駅からバスに乗りユナンデラ(Unanderra)駅に行き、ユナンデラ駅近くのHertzレンタカーから車を借りるという行程だ。これなら24時間で収まる。

シドニー3日目(実質2日目)、ホテルを出る。Sydney Central駅に行く。Opalアプリで調べると地下ホーム発らしい。地下ホームに行く。

次々とやってくる近郊列車を見送ると、駅の掲示板にはBomaderry行きと表示される。これが乗る電車だ。そしてKiama行きと表示された電車がやってくる。行先はどっちなんだ。

※注:電化区間がKiamaまでで、Kiama駅でBomaderry行きと接続しているため、車両はKiama、駅はBomaderry行きになっていると思われる。

通勤・近郊電車に相当するT4 Eastern Suburbs & Illawarra Lineに対し、中距離電車に相当するSouth Coast Lineは、同じ線路を走るが通過駅が存在する。二階建て車両で騒音がほとんどしないせいか、速度が出ている感じがしなかったが、GPSで測定すると最高で110km/h程度出ていた。

近郊区間のWaterfall駅を過ぎると急に線形が悪くなり、土砂崩れの痕のような場所で必殺徐行の20km/h制限がかかっているのが確認できた。ここはJR西日本か。

曲がりくねった森を抜けると、Coalcliff駅という名前の通り石炭を扱っていたであろう崖のある貨物メインの駅のようなところを通過したりして、海岸沿いを走る。

約1時間半でウロンゴン駅に到着。直接ユナンデラ駅に行かなかった理由はレンタカー返却時間の関係で、直接行くと早すぎるためである。

Wollongong駅からシドニーに向かって発車する電車

ウロンゴンは大都市シドニーと比較すると、人が少なく田舎という印象を受けたが、これでもオーストラリア第9位の人口を持つ街らしい。

ウロンゴン駅近くのCrown St at Gladstone Aveというバス停からバスに乗り、Princes Hwy opp Victoria Stというバス停で降りる。もうOpalアプリ無しでは移動できない。

Hertz Car Rental Wollongong(ユナンデラ駅すぐ近く)で車を借りる。保障の意味が理解できず、筆談でやっと理解する。

車は一番安い車を予約したが、トヨタのカローラハッチバック(日本名だと2代目オーリス)だった。レンタカーを借りる前に傷チェックをするのは日本と同じだが、日本とは異なり、店員がスマートフォンの専用アプリで車のいろんな場所を撮影していくという方式だった。

キャンベラに向けて出発する。カーナビは無いがオーディオはついていたので、Bluetoothでスマホと接続する。カーナビとしてGoogleマップを使う。

ウロンゴンからキャンベラまではGoogleマップでは2時間40分。実際は2回の休憩を含めて3時間かかった。ほぼ時間通りといっていいだろう。

続きを読む

オタク、初海外でオーストラリアに行く 2日目

行ってから5ヵ月、前回の更新から3ヵ月経っていますが、一応前記事の続きです。

オーストラリア2日目、まず初めにオーストラリア博物館に行く。

館内はオーストラリアの自然史についての展示が多数。動物の剥製とか、アボリジニの道具とかがたくさんあった。あと日本語を話す高校生くらいの団体(日本からの修学旅行?)がいた。
オーストラリア博物館から歩いてCircular Quay駅に。地下鉄とフェリーの乗換駅となっている。
ハーバーブリッジ、豪華客船、オペラハウスを1枚に収めた写真。Circular Quayには数多くの観光客がいる。

別にオタクはハーバーブリッジやオペラハウスを見に来たわけではなく、行きたい場所があってCircular Quayに来たわけである。

その行きたい場所とは……

Royal Australian Navy Heritage Centre (オーストラリア海軍遺産センター)

続きを読む