地測の記

オタク、初海外でオーストラリアに行く 1日目

2018年9月9日~13日の日程で、初めての海外旅行として、一人でオーストラリアに行ってきたのでその時の記録。

正確には2016年にベトナムに行ったことがあるので厳密には初海外ではないのだが、その時は常に団体行動&日本語がわかる現地人が同行という研修だったのでノーカウント。

 

往復共にタイ国際航空(TG)を利用

運賃(諸税込み) 129240円
運賃種別 FLEXI エコノミークラス
予約クラス Q

タイ国際航空予約クラスQのANA(NH)での獲得マイルは以下の通り

獲得マイル 獲得PP PP単価
HND-BKK 2,869 3,269 7.74
BKK-SYD 4,679 5,079
SYD-BKK 4,679 5,079
BKK-NRT 2,869 3,269

 

1便目 2018年9月9日 羽田空港00:20発 A350型機を使用するTG661便バンコク行き。 105番搭乗口で一番端なのでよく撮れず。


タイ国際航空の出発前の安全ビデオ。まどマギの魔女の結界のような独特なものを見せられる。

2便目 2018年9月9日 バンコク・スワンナプーム国際空港08:000発 B747-400型機を使用するTG471便バンコク行き。

少し遅れて午後8時45分頃にシドニー到着。入国して最初に向かったのは地下鉄(エアポートリンク)の駅。そこでOpalカードというシドニーやその周辺で使える交通系ICカード(日本で言うSuicaのようなもの)を購入します。シドニーで公共交通を利用する際は必ず購入しましょう。

International Airport駅の有人窓口で、「Opal card please.」と言い、クレジットカードを出して購入。この際、ビックカメラSuicaカード(Visa)を最初出したら機械に色々通してからこのカードは使いえないといったことを言われ、ANAカード(Master)を出した。Suicaと違ってデポジットはかかりません。初期のチャージとして35AUD(約2800円)チャージしてもらいました。

International Airport駅からホテルのあるCentral駅まで4駅で12分。運賃は16.77AUD(約1340円)。距離と時間のわりに運賃がバカ高いのは空港駅利用の際は加算運賃がかかっているためです。帰りは加算運賃回避の方法で帰ります。

電車の時刻や運賃は、パソコンではtransportnsw.info、スマホではOpal Travelアプリを使って調べてください。特にスマホアプリはICカードの利用履歴と同期できるのでものすごく便利です。

Opal Travel
Transport for NSW

Opalカードのメリット

  • 発行手数料(デポジット)無し!無料
  • 一週間(月曜スタート)で15AUDが上限。一週間で15AUD以上使ったらそれ以降は無料
  • 日曜日は上限2.5AUD
  • 一週間に8回以上乗車した場合、9回目以降は半額
  • 1時間後以内の再入場は途中下車扱いになり、追加料金なし
  • バスと鉄道などを乗り継ぐ場合は、乗り継ぎ先では2AUD割引
  • スマートフォンのアプリで一週間に何回乗ったかといった記録を確認可
  • クレジットカードを使って、駅以外でもスマホアプリからチャージ可能
エアポートリンクの車両。すべてこのような2階建て車両になっていて、車内は3列+3列の転換クロスシートである。

この日は飛行機で移動してホテルに行っただけで1日が終わる。

2日目の記事(後日執筆)に続く…



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください