釜伏峠に行く途中にある謎の山 荻根山


荻根山という山をご存じだろうか。荻根山は埼玉県皆野町にある標高591mの山である。

なぜこのブログでわざわざこんな山の紹介をするのかというと、一言でいうと「異様」だからなのです。

国道140号線を熊谷方面から来て、波久礼駅前の信号を左に曲がり山を登ると風布という集落に着く。そこから日本水を経由してさらに釜伏峠に向かって走ったことのある人ならこの特徴的な登山口を見たことがあるかもしれない。

『荻根山登山口』

『幸せ研究山花』

『宇宙遺産武蔵国荻根山』

『荻根山パワースポット』

わかった。もういい。ここが荻根山の登山口であることはよくわかった。登山口から独特な圧倒的存在感を感じる。ここは普通の埼玉の野山ではない。

登山口と書いてあるので登ってみよう。

続きを読む

CPUクーラーをNH-L9x65に換装

以前の記事で、新PCを購入したことによりCore i7 2600K機はサブ機(録画機)へ落ちました。

PT3で録画をするだけならこれで問題はなかったのですが、どうせ稼働しているならと余っていたGeForce GT730をくっつけてCPUとGPUで仮想通貨をマイニングさせることにしたのですが問題が発生しました。

この2600Kが入ったPCケースはSilverStone Milo SST-ML03Bという高さの低いHTPC向けケースを使用しています。そのような小さい筐体でCPUとGPUが100%の力を絞ってフル稼働するわけです。GPUはローエンドの物で過去にGPUのBIOSを弄ってファンの最低回転数を50%→25%に下げているためそれほどの排熱や騒音ではありませんが、CPUは違いました。メイン機として使っていた時代の簡易水冷クーラーが装着できないためIntelのリテールクーラーを使用していたのです。

暖房の無い部屋なのに金属の筐体に手を触れればかじかんだ指も温まるほどの熱をケースが帯び、リテールクーラーあるあるの凄まじい轟音が安眠を妨げるのです。

続きを読む

地測工廠 夏コミ終わりました

サークル 地測工廠ページ

遅くなりましたが、夏コミお疲れ様でした。

今回は4回目のサークル参加でイベント中楽しめるようになってきました。

今回の新刊である荒川の他に既刊もBOOTHで地測工廠の本の通販やってます https://chikou.booth.pm/

売り子として設営と頒布を手伝ってくれた市川さんとヘタわんさんありがとうございました。

地測工廠 夏コミC92 告知

サークル 地測工廠ページ

地測工廠は、2017年8月13日(日)に東京ビッグサイトで開催されるコミックマーケット92(夏コミ)に参加します。

3日目 日曜日 東3地区 ”ア” ブロック 33b コミケWebカタログ

頒布予定

荒川 上流編 (C92新刊)

鎮守府所在地周辺交通中心観光案内 (西海ノ暁14発行) 800円

航空写真の本 (C89発行) 500円 残部わずか

以上3点ですよろしくお願いいたします。

また準備が整い次第BOOTH通販の方にも新刊を用意します。遠方で来られないけど興味があるという方はこちらをご検討ください。

地理院地図の縮尺を計算する

2019年7月28日:スプレッドシートをを修正

地理院地図は距離スケールは表示されますが1/25000といった縮尺は表示されません。(画面サイズがパソコンによって違うので出来ない)


参考にしたサイト

地理院タイルの Zoom Level に対する縮尺の目安 : してログ – LANDHERE
http://landhere.jp/blog/a1636.html


そこで上記のサイトを参考に地理院地図のツールから画像として保存した時の画像の縮尺を計算するExcel(Googleスプレッドシート)を作成しました。

地理院地図縮尺換算表 Google スプレッドシート

地理院地図のツールから画像として保存したpng画像のdpiはWindowsでも72dpiとなります。

例えば、72dpiの環境で緯度36度でズームレベル15の場合は1/10935.19という計算結果が出るので、これを1/25000相当にするには

換算したい縮尺(25000)÷縮尺(10935.19)×dpi(72)

となるため、解像度そのままで164.60dpiにすれば1/25000相当にすることができます。