メインPCを新しくしただけの話

自宅でメディアサーバーとして運用していたサブPCが寿命により限界を迎えていたのでメインPCを新しくして、今まで使っていたメインPCをサブPCに流用。

構成

新メインPC

  • Core i7 7700 41700円→38700円
  • DDR4-2400 8GB*2 10980円→9900円
  • ASUS STRIX H270F GAMING 19310円→18310円
  • Radeon R9 380 4GB版

旧メインPC→新サブPC

  • Core i7 2600K
  • DDR3-1333 4GB*4
  • ASUS B75M-PLUS
  • Radeon R9 380 4GB版→HD Graphics 3000(CPU内蔵)

引退した旧サブPC

  • Pentium E5700
  • DDR2-800 2GB*2
  • ECS G31T-M
  • GeForce GT 730

VT-dの4GB以上のデコーディングを有効にすると起動がおかしくなります(ブートデバイスが固定され、DelキーでBIOSに入れなくなる)。
またこのマザーはボタン電池がグラフィックボードの真下にあるのでCMOSクリアが面倒です。

Cinebenchで計測した結果、i7 2600Kとi7 7700の性能差は1.4倍程度でした。
実際の体感速度としては、Hearts of Iron4の戦争後半で師団数が多くなっても2600K時代よりは速度が遅くなりにくいと感じた。

今回はPCケースやグラフィックボードなど使えるものは使い回したので66910円(消費税込み)でした。次は使用6年目に突入したハードディスクを置き換え、パソコンでもブルーレイが見れるようにしたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください